武庫川上流の武田尾は温泉でも有名ですが「ヤマセミ」が観察できる場所としてもよく知られています。
目当てのヤマセミには会えませんでしたが、カワセミくんが遊び相手をしてくれました。
川の中にごろごろと転がっている大きな岩の上のうえからダイビングして小魚を捉えては次の岩に飛び移るという動作を繰り返してくれました。 本当はヤマセミの会えなくってしょんぼりですが、とても楽しい1日でした。 昼過ぎに切り上げて、夕方から開催した幹事会には無事間に合いました。

住所の近所の公園には時々珍しい野鳥がやってきます。この冬は、オジロビタキというあまりお目にかかることのないかわいい”ヒタキ”が滞在しています。連日、物好きなカメラマンに囲まれて、色んなポーズを披露してくれます。一端の野鳥ファンとしては見逃すこともできず、皆さんと一緒に撮影してきました。静止画と動画の組み合わせで作品を仕上げてみましたので、ご覧ください。

コハクチョウは飛翔姿も美しいですが、雪で埋もれた田んぼで群れている姿もとても愛嬌があって美しいと思います。
一緒に写っているのはオオヒシクイというガンの仲間です。

 

今年も年の初めの恒例として、湖北に探鳥に行ってきました。冬の湖北の主役は「コハクチョウ」です。その優雅な飛翔は雪山をバックに夕陽を浴びてとても感動的でした。夜は湖面で眠りにつき、昼間は刈り取り後の田んぼで餌取りに余念がありません。
ときどき、コハクチョウの前後を横切っているのは、小鳥やカラスです。

琵琶湖の東、湖東の芦原に冬やてくるタカの仲間で、ハイイロチュウヒといいます。
夕暮れになってから活動し始めるので、撮影には忍耐が必要です。
なかなか、近くに来てくれませんが、何とか大トリミングでカバーしました。

奈良の平城宮跡は今大極殿の復元工事で大変ですが、毎年冬にやって来る野鳥たちには大迷惑のようです。
アリスイという名前も見かけも一風変わった野鳥ですが、つぶらな瞳がとてもチャーミングです。

 

inserted by FC2 system